« 棚田 | トップページ | 渋川の景観 -四- »

子持山

 合併した渋川は、火山を持つ市となりました。いづれの山もその山頂からの眺めは格別です。まずは子持山からご報告いたします。

02_29  登山口の入り口はこの鳥居です(2006年4月22日撮影)。

 この先をさらに車で行くこと10分。登山口に最も近い駐車場に到着。

  

03_9  こちらのBOXに登山道ガイドがあります。

 入山者カードも忘れずに記入・投函しましょう。

 ◎傾斜がきつく、足元も悪いので、『皮手袋』『ステッキ(杖)』は用意しましょう。

  

 登山口手前から見える、『獅子岩』と『屏風岩』です。        いづれも頂上まで登れます。  

Shishi001

Byoubu001

  

  

  

   

   

Annai_1 こちらが案内版です。2つのルートがあります。

   

    

登り始めは、礫の道。小さな沢をまたぎながら登っていきます。

Road001 Road002

  

  

  

   

道中には地元の中郷小学校の児童が描いた看板がいくつもあります。これが結構心の支になります。

Kanban001 Kanban002

自分のペースで登って行きましょう。

   

ひたすら上を目指して登って行く道中ははしょって、

         最初の分岐点 『↑獅子岩』 ・ 『→子持山』 。

まずは、真っ直ぐ『獅子岩』へ。 目指すはあの岩の頂上!

Bunki Target001 Road201_2

  

 このような道程を進むこと10分。『獅子岩』の下に到着です。

Iwashita

  

  

   Hashigo

 さて、ここからは腕力度胸が必要になります。この鎖のはしごとチェーンを使い登って頂上です。

  

  

  

  

  

 獅子岩からの眺望。 次に目指すはあの『子持山』の山頂。

View001 Target002   

  

  

  

 獅子岩を降り、勾配のきつい坂を下りて子持山山頂を目指します。途中、後ろを振り返り先ほど登った獅子岩を眺めます。てっぺんに人がいました。

Seeback001 Seeback002

Seeback003

尾根を歩くこと40分。獅子岩が獅子舞の頭・尾根が体のようです。

   

   

 頂上はまだなの?あとどれ位あるの?!と弱音を吐く頃、目に飛び込んでくるものが。

Kanban201_1 Kanban202_1

ハイ。  がんばります!

  

  

そして、ついに頂上です(獅子岩から50分)。

Peak  今日は天候に恵まれ快晴でした(2006年5月4日7:28)。

 しかし霞がかかっていて、山々が はっきりとは見えませんでした。

  

東側の眺望。

View201

View202 雲上に浮かぶ、 皇海山 ・赤城山。

   

   

南側~西側の眺望。

View203 View204

水沢山と小野子山

  

  

 浅間山がかすかに。   谷川連峰も。

Asama Tanigawa

  

   

   

  

 帰りは勾配がきつく足元が悪いので、分岐看板から林間に至るまでの道程は、ゆっくりと踏みしめて自分のペースで歩きましょう。

 登山でかいた汗は、ふもとにある温泉『白井温泉こもちの湯』でさっぱりと流しましょう。(内湯は源泉掛け流しです!)

Yu  MAP(準備中)

  

  

 

 渋川市は、この子持山登山を観光の柱にすべく、本腰を入れて周辺整備を行うこととなりました。完成は2010年とのことです。(上毛新聞の報道はこちら↓)

  http://www.raijin.com/news/sat/news01.htm

|

« 棚田 | トップページ | 渋川の景観 -四- »

」カテゴリの記事

コメント

コメントTBありがとう御座いました!
ソースカツ丼、桐生は「志多美屋」さんが老舗です
よく出前でお昼等戴きます美味しいですよね!渋川にも有るん
ですね、子持村には天文台を何度かおじゃましております
渋川も大分変わってびっくりしました
又寄らして戴きます

投稿: aozora | 2006年8月 7日 (月) 20時45分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子持山:

« 棚田 | トップページ | 渋川の景観 -四- »