« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

下南室の赤城神社

 北橘地区の下南室にあります赤城神社からも清水が湧き出ていて、のため池に溜められています。ここは周辺住民の地域用水として永く親しまれています。

    入口の鳥居      左手土手には石碑が

001torii 002aozora

  

  

  

003kanban  この溜め池は平成17年度に改修されました。 奥にある神楽殿も地域の人々の寄付により改修されました。

 


 鳥居をくぐると左手に溜め池が現れます。 004tameike006benzaiten

005suigen

 ↑湧水地脇にある水祀宮

 ←この奥から清水が湧いています

  


 溜め池を左手に、朱塗りの鳥居を真っ直ぐに進むと、石鳥居がありその奥に赤城神社本殿が鎮座しています。

007torii02 008honden

  

  

  

  新しくなった神楽殿   下南室の太々御神楽

010kaguraden 090mikagura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きのこ茶屋 弐

 忘れていました! 新そばの季節到来です!!(とっくに過ぎてますが…) そこで、遅ればせながら、私好みのお蕎麦を紹介します。これから取材に行くので、他店の紹介は後ほど…。

 

きのこ茶屋 渋川市小野子163 0279(59)2121              11:00~20:00 木曜日&第3水曜日定休

 本日は、玄関入って右手にある囲炉裏席に窓に向かって着席一枚ガラスの向こうには新幹線の陸橋が。食事中2回も走り行く新幹線が見れました。Agatsumagawa001

吾妻川そば)¥1,470-(税込)

きのこ天ぷら、きのこ飯、小鉢付

そばorうどん 、冷or温 を選択

  

きのこ天ぷらサクッとした衣とクニュクニュの歯ごたえの舞茸。噛むたびに口中に広がる舞茸の旨みと香り。すごく香りが強く美味しい舞茸です。 

きのこ飯しめじ入り。ごま油がほのかに香る、固めの炊き込みご飯です。当然お米はしっかりと味が染みていてパラパラです。

そば…『新そば登場』と書いてありました、が産地を聞き忘れました。ここのお蕎麦は、芯が通っていて(パスタでいうアルデンテの様な感じ)噛みごたえがありますが決して硬い訳ではないんです。噛んでいると麺の周りのそばが溶けて、蕎麦の甘い香りが口中に広がって、喉を通るときに鼻を抜ける香りもまた美味です。

Agatsumagawa002  薬味のネギは、癖が強いので少量にした方が良いと思います。ネギの残り香が、食後しばらく残りましたので…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越渡の清水

 北に十二ヶ岳・小野子山が聳える小野上地区は、清水の宝庫でありまして、山中から12条もの渓流が発生し、吾妻川へと注いでいます。

 民家の無い山の上のほうで水が湧いているため、飲料可(と思われる)な湧水があるので紹介します。

越渡の清水(こえどのしみず)

Map 小野上駅西側の交差点を右折し、十二ヶ岳登山道を登って行きます。 道幅が狭い生活道路であるため、地元住民優先道路となっていますので、車での通行時にはご配慮下さい。Josuijou_1

 

←村上浄水場の前を通過し、さらに登って行きます。途中道路の凹凸がひどい場所があるのでご注意ください。

 どんどん登ってくと、三号橋手前の左手道端に清水が湧出しています。 ↓パイプからは勢い良く水があふれ出ています。

Yuusui01 Yuusui02

  

  

  

  

 さらにそこから30mほど登った道路右手に「越渡の清水」があります。こちらも水量豊富な湧水です。Koshido01_1 Koshido02_1

  

  

  

       このすぐ上が四号橋になります。ここを流れる沢は鑷沢(けぬきさわ)です。この道は入道坊主・登山口へと続いています。Kenukizawa

Tozanngate Iriguchi_1   

  

  

     ↑入道坊主の奥が登山道入口となっています。

   

小野上の名水

 こちらは、道路も整備されていて駐車スペースもあるため、周辺地域の人々に人気の湧水スポットです。場所はここでは公開できません。あしからず。Onoko01_2

 今日も朝から数人来ていました。たくさんの容器を持って順番待ちです。 私も事務所で利用しています。家主さんが4L容器十数本に汲み置きしていますがなかなか腐りません。Onoko02_1

 このような、掲示をするほど混雑しているようです。  

 導水管が2本あって、今日は左側のほうが勢いが良かったです。 

Onoko04 Onoko03_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

分郷八崎の八幡様の湧水

北橘地区の分郷八崎にある八幡様は小高い丘の上にあります榛名山が一望できます。  カーブの外側にあります。Haruna01 Gate02   

  

  

  

           石の鳥居          由緒書き

Gate03_1 Yuisyo05_1   

  

  

  

 鳥居左手には、コンコンと湧き出る清水があります。湧水地はこの奥にあります。ちょうど小山の麓になっています。   Yuusui04  Yuusui06  

  

  

  

          石祀水神宮         双体道祖神Mizukami07Dousojin08_1

  

  

  

              map作成中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水の湧泉

赤城町長井小川田字清水にも、コンコンと湧く泉があります。

沼尾川の年丸橋を渡ったカーブの先を右にIriguti_2  Road 

  

  

  

  

さらに細い路地を進むと石祀の水神宮の後姿がWaku01_1  Waku02_1   

  

  

  

   

コンコンと湧く清水。かつては、この水を使ってここで酒造りが行われていたそうです。Waku03_1  Map03

| | コメント (1) | トラックバック (1)

勝保沢の湧玉

赤城町勝保沢にある天神坂下の水田にある窪地の底から清水が湧いています。

  ここを左折します。     さらに進むと        Road01  Road02   

  

  

   

   

フェンスで囲われた弁天池  水底から湧いています    Waku01  Waku02   

  

  

  

   

    弁天様         湧玉が見られます  Benten  Waku03

 

Map02_1 Mapはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

溝呂木の湧玉

溝呂木の西端にあるこの湧水池は、今はわさび田として利用されています。

001mizoroki01  田んぼの中の窪地にあるこの湧玉も地面から水があふれてきます。また、写真奥の石垣の間からも湧出しています。

  

002suijin  ここでも弁財天の石祀がまつられています。弁才天は元来はインドの河神なのです。

  

  

003flow 004wakutama

コンコンと湧き出る清水

  

  

005ike  湧き出た水は集められて養魚場に利用されています。

  

  

  

ここには釣堀もあって、釣った魚を調理して提供してくれます。

012turi 011mise

  

  

  

  

川魚グルメ館 くるま

 営業時間  11:00~20:30    定休日 火曜日      宴会・バーベキュー・食事・つりぼり など             詳細は↓こちらへ

http://www.watermill.ftw.jp/ 

Map12  地図はこちらです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

滝沢石器遺跡と湧玉

004_1  今は埋め戻されて陰も形もありませんが、この畑の下には1927年(昭和2年)に国指定遺跡となった石器時代の遺跡が眠っています。

   

001explain01  遺跡中心部から出土した、縄文時代後晩期の配石遺構は、直径30m以上もある大規模な環状列石です。

   


002explain02  1926年(大正15年)発掘当初は、その豊富な出土品から当時の縄文文化研究に多大な貢献をしたようです。

  


00302  遺跡の北東に湧玉があります。石器時代の人々もきっとこの水を飲料水として利用していたのでしょう。

  


011wakutama01 012seiryu

  

  



弁財天の石祀がまつられています。

01202 013tama 写真の左上に湧玉があります 


Wakutamap   Mapはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »