« 越渡の清水 | トップページ | 下南室の赤城神社 »

きのこ茶屋 弐

 忘れていました! 新そばの季節到来です!!(とっくに過ぎてますが…) そこで、遅ればせながら、私好みのお蕎麦を紹介します。これから取材に行くので、他店の紹介は後ほど…。

 

きのこ茶屋 渋川市小野子163 0279(59)2121              11:00~20:00 木曜日&第3水曜日定休

 本日は、玄関入って右手にある囲炉裏席に窓に向かって着席一枚ガラスの向こうには新幹線の陸橋が。食事中2回も走り行く新幹線が見れました。Agatsumagawa001

吾妻川そば)¥1,470-(税込)

きのこ天ぷら、きのこ飯、小鉢付

そばorうどん 、冷or温 を選択

  

きのこ天ぷらサクッとした衣とクニュクニュの歯ごたえの舞茸。噛むたびに口中に広がる舞茸の旨みと香り。すごく香りが強く美味しい舞茸です。 

きのこ飯しめじ入り。ごま油がほのかに香る、固めの炊き込みご飯です。当然お米はしっかりと味が染みていてパラパラです。

そば…『新そば登場』と書いてありました、が産地を聞き忘れました。ここのお蕎麦は、芯が通っていて(パスタでいうアルデンテの様な感じ)噛みごたえがありますが決して硬い訳ではないんです。噛んでいると麺の周りのそばが溶けて、蕎麦の甘い香りが口中に広がって、喉を通るときに鼻を抜ける香りもまた美味です。

Agatsumagawa002  薬味のネギは、癖が強いので少量にした方が良いと思います。ネギの残り香が、食後しばらく残りましたので…。

 

|

« 越渡の清水 | トップページ | 下南室の赤城神社 »

「うどん・蕎麦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50026/4663344

この記事へのトラックバック一覧です: きのこ茶屋 弐:

« 越渡の清水 | トップページ | 下南室の赤城神社 »