« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

棚下不動雌滝

Map_1  渋川市赤城町棚下には二本の大きな滝があります。

北側の滝が雌滝、南側が雄滝と呼ばれています。

  

  

Photo_36 棚下地区に聳える断崖。

雌滝は写真右側にあります。

  

Mfoll 落差40mはある雌滝。水量が少ないのが残念です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

弁天の滝

大滝(珠簾の滝)の1kmほど上流に高さ10m程ある『弁天の滝』があります。

001_8 大滝へ行く林道をさらに登ること1km、右手に閉鎖された採石場が現れます。 

 その道の反対側に看板があって、崖を覗くと滝が見えます。

002_8 003foll02

  

  

  

  

 ですが、弁天の滝はこれではないんです。

005point 看板から10数m先に行ったガードレールの切れ目が降り口です。ここから斜面を降りて行くと、木々の間に高さ3mほどの石碑が鎮座しています。

  

004_3  『厳嶌姫命』

 この石碑の云われは未調査です。

  

  

 この石碑のすぐ先から、『弁天の滝』が姿を現します。

006foll01  弁天の滝                       高さ:約10m 幅:約6m

 明治22年、常宮昌子内親王殿下行啓の際に「御手洗の瀑」と名付けられたといわれているそうです。

  

007fool021  こちらは、弁天の滝を下流へ行ったところから見える滝です。落差は6mほどでしょうか。

 こちらの滝が上の道路脇看板から見える滝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大滝(珠簾の滝)

Map_2  榛名湖より流れ出る沼尾川は、伊香保と東吾妻町の境界にあります。東吾妻町に入ってすぐの細い道を沼尾川沿いに登っていくと、岡崎第一調整池の手前にあるカーブの直前に、砂利の脇道がありますのでここを降りていきます。

  

001annai 002tyouseilake

  

  

  

  

       入口         岡崎第一調整池

003gate  しばらくすると、閉鎖された釣堀に到着します。ここは私有地ですので、脇の川沿いを歩いて行きます。

  

  

004root 005root02

 すぐに滝が見えてきます。

  

006foll  大滝(珠簾の滝)                 高さ:約6m 幅:約16m

 遠くから見るとさながら水晶簾のようであることから、別名『珠簾の滝』とも呼ばれている。

 川の向こう岸から

006sudarefoll 007sudarefoll

  

  

  

  

 大滝のすぐ上の様子

007upside 008upside02

  

  

  

  

 注)大滝の上流にはダムがあり、田植えの頃にはダムから田圃へ農業用水として引水されるため、滝が見れなくなることもあるそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

行幸田 豊秋そば

行幸田は南原土地改良区にある『そば畑』 -2006年9月撮影-

000hatake 001farm

赤城山も榛名山も見渡せるそば畑

    

 この豊秋そばを使った蕎麦を提供しているのがこちら。

 ●みゆきだそば工房

 渋川市行幸田にあるJAみゆきだ直売所敷地内にあります。

Zennyou 002tenpo

  

  

  

003kohbou 入口左側が工房となっています。こちらも、挽きたて・打ちたて・ゆでたてを提供しています。

  

  

 せいろの蕎麦を温かい汁で食べる『ねぎせいろ』を注文。

004negisoba 005soba

豊秋そば100%使用の二八そば

  

 長葱・ホウレン草・天カス入りのさっぱりとしていて薄めの汁。やや硬・細めでスルスルっと入っていく喉越しのよいお蕎麦。ネギの甘みが蕎麦によく合う優しいお袋の味、温まります。

006kodawari こだわりの七箇条

  

  

  

 こちらでは、地元産の地粉を使った手打ちうどんもやっています。

◆もり(そば・うどん)500円 ねぎせいろう730円 ほか

みゆきだそば工房
■住所 渋川市行幸田51-1
■営業 9:00~15:00
■定休 木曜日
■電話 0279-25-3981

 直売所では、ここで打った蕎麦とうどんの販売をしています。

007miyage 008miyage02

  

  

  

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七重の滝

 伊香保温泉街の北西にある小さな滝ですが、谷間の流れが岩角に当たって右往左往し七重になっています。現在は水量が少なくなっておりますが、もっと水量があればとても素敵な水の流れる姿が楽しめることでしょう。

Map_1 002_7

  

  

  

  

  入口にある看板

  

 滝の下段-中段  水量がもっとあれば…

004_2

005_1  

  

  

  

 滝の上段

007 008

  

  

  

  

  

  

  

  

 カメラを替えて   角度を変えて

010nanaefoll 011nanaefoll

| | コメント (0) | トラックバック (1)

赤城深山そば

 合併した渋川市には、『榛名東麓の豊秋そば』『赤城西麓の深山そば』の2大蕎麦産地があります。地元産そば粉100%使用のお蕎麦は、豊秋そばは みゆきだそば工房 で、深山そばは そば処はとり と 栄そば で食べられます。

 ぜひ、食べ比べてください。

そば処はとり

 県道大間々子持線沿いにあります。

001_7 002_6

広い駐車場あり

  

  

 そばの味を堪能するため、十割そばをいただいてみました。

003soba100 004sobaup

つやつや  

シコシコ  

  

 スッキリとしてくせが無く、蕎麦の甘みを引き立てるツユ。薄く切ったネギやキンピラの味付けも、あくまでも蕎麦の引立て役に徹しています。

 スルッと入るが歯応えとコシのある麺は、ボリュームもあります。噛むほどに蕎麦の香りと甘みが口中に広がっていき蕎麦の味をしっかり堪能できます。

 こちらは、うどん粉も上州産の地粉を使用しています。

◆もり(そば・うどん)550円 十割そば780円 ほか

そば処はとり
■住所 渋川市赤城町勝保沢693-3
■営業 11:00~20:00(売り切れ次第終了)
■定休 水曜日
■電話 0279-56-4175

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真壁の弁天池

渋川市北橘町真壁にある弁天池も湧水を貯めた池なのです。

001gaikan_1  弁天池に浮かぶように立つ、鳥居。

額には、『厳嶋神社』とあります。

 池をぐるりと周回し、本殿の脇を通って湧水地点へ。            

002aproach

003siugennti   

  

  

  

 滔滔とあふれ出る清水。山の恵みに感謝!

004yuusui 005yusui02 

006niohdachi 水祀神様でしょうか?正体と由来を鋭意調査中です。  

  

  

     本殿         本殿から榛名山を望む

007jinnja Itsukusima

| | コメント (1) | トラックバック (1)

そば処 こもち庵

渋川市吹屋(旧子持村)にある、石臼挽き蕎麦処こもち庵

 ここでは、挽きたて・打ちたて・あげたての『三たて』をモットーに、地元産そば粉(北海道産も使用)を使ったお蕎麦を提供しています。

001gaikan  11:00~20:00 木曜定休日 

 外観 (右側奥には、白井温泉こも ちの湯があります。)

  温泉詳細はこちら こもちの湯

    

002koubou  店に入って右側には、製麺処があります。

右:機械を使って、蕎麦の実を石臼で  挽いています

左:蕎麦とうどんを打っています

003tensoba 天ざるそば(うどん) 800円

 スルスルッとした滑らかな歯ざわりと、コシのあるお蕎麦でした。

・十割そば 850円、もり550円、各種定食やつまみもあります。

※目の前に、社会体育館や運動公園があるので、食後に軽く運動をして、温泉で汗を流して帰ることも出来ますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

みなさま、あけましておめでとうございます

 昨年は、多くのみなさまにご訪問いただき、ありがとうございました。みなさまからいただいたコメントやトラックバックがとても励みになり、ここまで取材を続けることができました。2007年は、各種イベントや食を軸に取材して行こうと計画を立てています。本年もどうぞよろしく。

             Sunrise07

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »