« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

高根展望台 -伊香保-

 伊香保温泉から榛名湖へと続く曲がりくねった山道。坂を登りきる最後のカーブの所にある、高根展望台。
 最近整備され綺麗な木のデッキが誕生しました。

000takane

 晴れた日には、雪化粧した上信越の山々が青空にくっきりと浮かび上がり壮観です。

001kusatsu  志賀高原から谷川岳まで見えます。手前は、小野子山。

 ウッドデッキが映えます。

  

002tanigawa  谷川岳をバックに記念撮影。

 タクシーの運転手さんにも絶好の撮影(サービス)スポットです。

  

  

003deck 004ikaho

  

  

  

  

正面には、赤城山。眼下には伊香保温泉街が見えます。

005road 006sign

  

  

  

  

晴れ渡った日もいいけれど、空にポッカリと雲が浮かんでいる様もまた乙なものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いちご大福 -錦光堂-

今やすっかり市民権を得た『いちご大福』。ここ渋川でも、地元赤城産の苺を使った『いちご大福』を、老舗和菓子店の錦光堂が製造・販売しています。

000shibukawa

001packege  パッケージ。

 手前は『栗菓子しぶかわ』です。

  

002kuri コクと甘味を併せ持つ栗、甘さを抑えたしっとりとした餡が、焼いたサックリした生地に包まれているので、まろやかなコクと甘さを楽しめます。後味も以外にサッパリ。

003ichigo  袋から出したとたんに香る、いちごの甘酸っぱい微香。コシのある餅、いちごの酸味が餡の甘さと融和し、いちご大福でしか味わえない、甘くて酸っぱい複雑な味のハーモニーを奏でます。 この時期には欠かせないお茶菓子ですね。

  

004tenpo  錦光堂 本店

 ■住所 渋川市渋川
 ■営業 9:00~19:00
 ■定休 無休
 ■電話 0279-22-0101
 

 ただいまHPリニューアル中。 各店舗情報 (map)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソースカツ -ニコニコ亭-

 ニコニコ亭のソースカツは、1枚160円でお土産(持ち帰り)に出来ます。

000katsu

(注)カツは注文を受けてから揚げますので時間が掛かります。枚数が多いときは、あらかじめ電話で注文しておくことをお勧めします。

 こちらのカツは、薄くてサクサク。甘めのサラッとしたソースが良く染みていて、冷めても美味しくいただけます。アツアツご飯に on the rice! 或いは、千切りキャベツを添えて  Relish of Beer ! など食べ方色々。

002bigsize  左の容器は、セーブオンのニコニコ亭ソースカツ弁当の容器です。(本物はとっても Big Size!)カツ2枚で丼を覆ってしまいます。 これで320円也。

 

001bansyaku 今回は晩酌のお供に。 記事 にもいたしましたので、 『 確 認 』 させていただきました、オリジナルの味を!やっぱり、ぅんまい!!

 

003tenpo  ニコニコ亭
 ■住所 渋川市渋川(寄居町)
 ■営業 11:00~14:00/
       16:00~18:00
 ■定休 月曜日、第1・3日曜日休
                 ■電話 0279-22-2070

    地図はコチラ     ◇持帰カツ 160円/1枚

| | コメント (5) | トラックバック (1)

ニコニコ亭監修ソースカツ丼発売!

 群馬県内のセーブオンにて、2月20日より、ニコニコ亭監修のソースカツ丼が発売になりました!!

001nikoben

 願わくば、こちらをご購入されたニコニコ亭未経験者の方には、是非とも、付属のクーポン券を持って本物のニコニコ亭ソースカツ丼を食べに来ていただきたいです。感動が倍増することでしょう!!

 ニコニコ亭経験者の方も、こちらのお弁当を食した後に、クーポン券を持って確認に行きましょう。 『 確 認 』 、大事ですよ!!

 場所は、こちら です。詳細は コチラ です。

002shop_1 003cm

こちらが

セーブオン

です。

  

004disp  発売初日のY岡店。結構入荷しています。

 誠に勝手ではありますが、当ブログでは、こちらのお弁当についてのコメントは一切お受けできません。ただし、ニコニコ亭さんについてのコメントは歓迎いたします。

005don 006katsu

  

  

  

パッケージ帯の右側がクーポン券(2007年3月31日まで)です。

 薄くて大きなカツがニコニコ亭独特の甘いソースにくぐされています。雰囲気と特徴はよく捉えています。こちらを食べたら必ず、本物はどんなものなのか、確認しに来て下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

豆大福 -みこしや-

 渋川市四ッ角地区の区画整理で新しくなった店舗で昔ながらの味を守っています、桃太郎餅の三越屋(みこしや)さんです。

001daihuku_1

 豆大福と豆餅。いづれのお餅も、口の中でとろける程柔らかく一度食べたら病みつきになるかも…。

006daihuku  豆大福は、程よい塩加減と歯応えのある豆が、餡の甘さと非常にバランスが良くて、とても美味しくいただけます。

007mochi  豆餅は、多めに入っている歯応えのある塩豆がアクセントとなり、柔らかい餅はお茶請けにもってこいのお菓子となります。

010tea  今回も、子持茶でいただきました。

 小スプーン1/3(摺り切り)で丁度良い量となります。

  

002shop 004shop02

  

  

  

  

 県道高崎渋川線の渋川四ッ角から北へ30mほどを右折するとあります。

005momotaro  この桃太郎の右手に、登り旗が掛かっていると営業中です。

 豆大福 110円/1個
 豆  餅 110円/1個
 草餅や煎餅等いろいろあります 

 三越屋(みこしや)

 ■住所 渋川市渋川
 ■営業 9:00~17:00
 ■定休 日曜日定休
 ■電話 0279-22-1591
 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

岩井堂ViewPoint

 小野上地区の景勝地 『岩井堂』。 その大きな岩山は、新緑の頃と紅葉の頃は見ごたえがあります。 今はこんな感じ。

000iwaidoh_1

 この岩山を綺麗に撮影できるポイントは、吾妻川の対岸にある東運動公園になります。ここは、渋川市ではなく東吾妻町(2006年3月誕生)なのですが。

000point  上記写真は、この石の長椅子から撮影しました。運動公園に隣接する あづま温泉桔梗館 の露天風呂からは、岩井堂を借景にした風情のある風景が眺められます。

map001sign 002sign   

  

  

  

  

運動公園の西側にあるあづま親水公園。 ここからは、こんな岩井堂が。

010rouby 011rex

 蝋 梅

  と

 恐 竜

  

 あづま親水公園から吾妻川沿いを上流に歩いていけます。

松林の並木を抜けていく途中の対岸には、川に削られた岩が見えます。自然の力ってスゴイ!っていうのが実感できます。

004matubara 005rock

  

  

  

  

 暫くすると、弁天岩公園に到着します。ここにはかつて沢山の甌穴があり、その中で賭博をしていたため博打穴と呼ばれていたそうです。

008ohketsu 009ohketsu02

  

007kohbai  傍らにある紅梅は三分咲きで、甘~い好い香りが漂っていました(2月12日撮影)。

  

  

 弁天岩公園の南側の畑には、天明の大噴火により浅間山から吹き揚げられた火山瑠が祀られています(高さは3~4mほど)。

022rock 021rock

031view  ここからは、岩櫃山、草津白根山が見えます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

桜餅 -清芳亭-

 道明寺さくら餅 : 長命寺さくら餅が主流の関東にあって30年以上も前から売り出しているこの半殺しのこし餡のさくら餅は、とてもおいしいです。 (道明寺粉を使っていないため、お店では道明寺風と言っています。)

Sakura01_1 薄塩の効いた薫り高い桜葉と半殺し状の餅が、甘さ控えめなコクのあるこし餡ととてもよく合います。

  

Sakura02 Sakura03

  

  

  

Pack   5個入      630円

 10個入 1,260円

 季節商品(1月~3月)

  

Shop  清芳亭

 ■住所 渋川市伊香保町伊香保
 ■営業 7:00~19:00
 ■定休 年中無休
 ■電話 0279-20-3939
 

Greentea  粉末緑茶 子持茶
 今回一緒にいただいたお茶です。
渋川市中郷地区で生産されたお茶を粉末状にしたものです。
 昨年春の茶畑の様子です。

 お茶の香りと渋み・甘みが煎茶よりも強く、甘い和菓子にぴったりです。
 30g入 525円  『道の駅こもち』で販売中。

   

長命寺さくら餅…もち米・白玉粉・小麦粉等を練って焼いた薄皮で餡を包んだものを桜葉で巻いたもの。  

道明寺さくら餅レシピ

長命寺さくら餅レシピ

粉末緑茶について

| | コメント (2) | トラックバック (2)

林道峠山線(小野上地区)

View01_1 小野上地区の北にそびえる小野子山から十二ヶ岳までの中腹を横断する林道峠山線からの眺めもまた、結構なものです。

   

Mtasama  冠雪の浅間山を望めます。手前左側は榛名山です。

 mapのB点からの眺望

  

Mtshirane  冠雪の草津白根山。山並みの重なりがきれいで、肌寒い空気と温かい日差しに包まれ清清しい気持ちになります。

  

Tozandohiriguti  mapのA点からの眺望。小野子山登山道入口手前です。

  

 関東平野に向かって蛇行していく吾妻川、赤城山と榛名山の裾野が入り組む様が見られます。

ViewmaponogamiRoad01_1

※落石と凍結路面にご注意を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

棚下不動の滝(雄滝)

000foll  棚下不動の滝(雄滝)

 高さ:約37m

 渋川市赤城町棚下字大岩 

 日本の滝100選のひとつ。赤城山の熔岩である鱗石英輝石安山岩(棚下石)の絶壁に、鈩沢(たたらざわ)の水が37mの落差を一気に落ちる。滝裏が崩落して10mほどの岩窟があるため、裏側からも眺められる。

     案内図           案内板

001map  002_9

  

  

  

  

  滝の下にある棚下不動尊

003_3 004_4

ここからでも滝が見られます

  

005zoom 006

  

  

  

  

↑不動尊前にはトイレも整備されています。  

←カメラをZoom!

  

 不動堂の左側にある188段の石段を登っていくと、

007kaidan01008kaidan02

  

  

  

  

  

  

      眼前に不動堂奥院と滝が現れます。

009foll 不動堂奥院には石造の不動明王が祀られています。

  

  

010follup_1012hudomyouoh02_1

  

  

  

  

 滝の下にも不動明王が見守るように立っています。

 

 滝裏からの眺め

014back02_1011hudomyouoh_1

 015foll03

 滝の左岸から不動堂奥院を望む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »