« 2007年7月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

第17回渋川バンドフェスティバル開催のご案内

 平成20年2月2日(土)午前9時35分から、渋川市民会館大ホールで渋川バンドフェスティバルが開催されます。入場無料!
001

 このフェスティバルは、渋川市内で吹奏楽や金管・鼓笛等の演奏に親しんでいる人たちが一堂に会する演奏会です。小学生から一般まで世代をこえて出場します。 
 合併前の旧渋川市で平成4年3月8日に第1回が開催され、今回で17回目を迎えました。今年は合併した6市町村全ての地区からの参加となります。
 二部制となっており、 午前の部  9:35 - 12:15
                午後の部 13:20 - 16:15  です。

100

 午前の部10団体、午後の部11団体の計21団体により、ポピュラーからクラシックまで幅広い演奏が繰り広げられます。活気溢れる生音の演奏を楽しみに足を運んでみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「宮田のお不動様」縁日

00top
 国指定重要文化財(昭和38年2月14日指定)の、石造不動明王立像。
 毎年1月28日に開かれる縁日の時にしか見られません。
鎌倉期の造立ですが、院流仏師による彫刻のため腕の線など優美さを感じられる重厚な平安末期の像相です。
 1251年新田氏の一族里見氏義の発願によって、定朝流(じょうちょうりゅう・平等院阿弥陀如来像の作者の流派)の仏師、院隆・院悦により造立されました。
 凝灰岩質石英斑岩の丸彫りで、総高166cm、腰囲り157cmの等身大の石仏です。
 顔は一目諦視の憤怒相ですが、鼻頭が欠けているためユーモラスな顔立ちに見えてしまいます。
  
01    02
9時10分、参詣者が階段を登って続々とやってきました。 
03    03tech
3人のお坊さんによる読経。 みよ、この素晴らしい経典さばきを!

04   04mikotonori
同じ頃、神殿では神主さんによる神事が執り行われていました。

06kitou   06daruma
不動寺南側で祈祷の受付。 境内ではダルマの市が。

02gate  不動明王が安置されている自然洞入口。鉄扉の先、階段の左側に立っています。
 この宮田山不動寺は不動明王像を御本尊として1944年(昭和19年)に建立されました。
05

07  写真右側にある岩の中腹の洞窟に不動明王像はあります。
 寺の南階段下にある社務所の番犬。
 お行儀がよく、愛嬌のあるカワイイ犬です。

 
11dog    12dog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤城山の冬化粧

 大寒を向かえようやく冬らしくなってきた2008年。赤城山全体が真っ白く冠雪しました。利根川を挟んだ子持地区から望む、青空の下に白く聳える赤城山。
00mtakagi

00mtakagi02   00mtakagi01

00mtakagi03_2  鈴ヶ岳 : 1,564.7m
 大沼を囲うように聳える赤城山外輪山を構成する鍬柄山の西にあります。
 鈴ヶ岳は矢筈山やコフタ山らと共に、およそ3万2千年前にできた溶岩ドームと考えられています。

 

  そんな赤城山を眺めながら食事ができるお店を紹介します。
01soba01   01soba02


02soba  子持食堂
 ■住所 渋川市中郷515-1
 ■営業 11:00-20:00
 ■定休 水曜日
 ■電話 0279-53-3715


02ayu 赤城高原(昭和村)産のそば粉を使用しています。蕎麦の甘みがしっかりと感じられるコシのある手打ち蕎麦でした。
 写真は、
 ◆深山そば 800円
 ◆天然鮎からあげ 500円 

02ayu02  ご主人が釣り上げた子持鮎。おいしく戴きました。数に限りがあります。

 お店の前が国道17号バイパスの交差点となるようで、現在工事中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロウバイの郷こもち

 『ロウバイの郷こもち』は、旧子持村時代の「花と食のむらづくり」事業として整備されました。 詳細は、こちら → 『ロウバイの郷こもち』(渋川市HP)

 まだ咲き始めたところなので一面に咲き乱れる!という状況にはありませんが、丘の上に咲く蝋梅の甘~い香りが楽しめます。
000

001    002

南側斜面。県庁が良く見えます。
003    004

Komochi

005sign 平成17年に植えられたのでまだまだ若い木々たちです。今後の成長を温かく見守って生きたいです。

  

  

 群馬県の中部県民局(前橋行政事務所・渋川行政事務所・伊勢崎行政事務所)が作製した、花あるきガイドマップ(冊子) 『花みて団子』。
とてもよくできてますので、みなさんも是非手に入れてください。
渋川行政事務所、渋川市役所観光課窓口に置いてあります。
 「文花(ぶんか)」、「花あるき」をコンセプトに練り上げたこの冊子作成者からのメッセージはこちらを … 中部県民局前橋行政事務所 。
 グッドぐんまさんの記事はこちらです 。
011   013   012

 管内の花の名所52ヵ所を紹介。そのうち15の名所については、お奨めコース記事を紹介しています。コースには見所、食べ処、お休み処(温泉など)が組み合わされています。
 渋川地区は次の4コースが紹介されています。
№5白井宿(八重桜)
№7長峰公園(ツツジ)
№12小野池あじさい公園(あじさい)
④№15赤城自然園(ツツジ、シャクナゲ他)

 このガイドにならって「花をみたら、団子を食べよう」ということで、近くのお奨め店を紹介します。
レストラン わくわく」 : ロウバイの郷の前の道を真っ直ぐ北上、子持山入口を右折しすぐの所にある食事処です。なんといっても眺めがイイんです、ここ。
021_2    022_2

023←窓からの眺め。
Jolly foods Restaurant わくわく
 ■住所 渋川市中郷2684-273
 ■営業 11:00-21:00(L.O.20:30)
 ■定休 月曜日、第3火曜日定休
 ■電話 0279-53-3751

024 ケーキセット(自家製チーズケーキ) \630-
Pizza(生地&ソース自家製) Sサイズ\450~
日替ランチ(平日) \850-
カレーセット(土・日) \850-
ハープティーやアルコール、スパゲティ、ドリアなどもあります。

 

ここからの夜景。
051

| | コメント (2) | トラックバック (2)

まちなか朝市

 新しい街の顔として再生中の『渋川四ツ角』。交差点の北西20mのところにある渋川ネイブルスクエア(旧さとり跡地)で、毎月第2日曜日の朝9時から、『まちなか朝市』が開催されています。

001  002

出店者は、

 アグリハウスおふくろ亭  
角煮まんじゅう 、手づくりフランク、etc…
普段は、こちら で営業しています。

013kosmos   コスモス工房 (最下段)
そば弁当、うどん弁当、おやき、etc…
「桑の葉まんじゅう」がオリジナル商品です。
普段は、ふるまき農産物直売所(スカイテルメ南)に出品しています。

012himawari  ひまわり工房 (18件め)
アップルパイ 、 ゆずジャム 、五目おこわ、etc…
普段は、小野上村特産物直売所(小野上温泉センター隣)に出品しています。 

011miyukida  みゆきだそば工房 (最下段)
手打ちそば・うどん、おから、たくあん、etc… 
普段は、みゆきだ農産物直売所に出品しています。

014jakita  JA北群渋川
地元産のとれたて野菜、きのこを販売。
普段は、こちら で直売しています。

  

015jaakagi  JA赤城たちばな
地元産のとれたて野菜のほかに、赤城みそ、小麦粉、そば粉、etc…
普段は、こちら で直売しています。

   

  

 1月12日(土)の夜に降った雪のため周りの山々は雪化粧。

021haruna

022onoko_2 

003  山から運ばれてくる冷気で寒さ増す中、みなさんが足を運んで地元産の野菜や手づくりのまんじゅうやうどんを購入していかれました。

 各地区の直売所等でしか販売されていない特色ある加工品(小野上産りんごのアップルパイや桑の葉まんじゅう、豊秋そば、角煮まんじゅう等)が一度に購入できるのは、この「まちなか朝市」だけです。

 毎月第2日曜日開催。次回は2月10日。駐車場もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲里(かぶり)不動大瀧

 小野上地区には12もの沢があり、そのうち砥石山より発し小野上地区中央部を流れる不動沢下流に懸かる滝です。かつて採石場化した時もありましたが、再び自然に還り見応えのある滝となっています。

002

001   03

『道の駅おのこ』にある地図。ここから国道353号線を車で西へ5分ほどです。

021map

JRの線路の上を国道が架橋してすぐのところで、

急流が右手に見えます。   その先にある入口。

023road   022enter

入口すぐにある不動堂

011hudoh   012hudoh

 ここから不動沢の右岸を50mほど遡ると滝が現れます。

01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年・初日の出

渋川温泉きらめきの湯スカイテルメ から、初日の出を望みました。

002_2

橘山の東側から午前7:00頃。

003  

011  20数名の方々が撮影に望んでいました。雲に覆われることなく、見事な初日の出の撮影に成功!みなさん満足しておりました。

 撮影終了後、新年初入湯。けっこう混雑していました。北側展望ロビーからは渋川市を囲む山々が鮮明に見渡せます。

021  022

   榛名山          小野子山と子持山

001

元日は、朝5時から夕方6時まで営業しています。

他にも、北橘温泉ばんどうの湯 で元日朝6時から

敷島温泉ユートピア赤城 と 赤城の湯ふれあいの家 では元日午前0時から

営業しています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2008年2月 »