« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

小野上温泉センター 建替

000top
昭和56年3月にオープンした『小野上温泉センター』

小野上温泉の歴史
 この地(旧塩川村)には寛文4年(1664年)から塩川鉱泉(30℃、無味無臭、茶褐色、塩類泉)があり、慢性潰瘍、火傷などに特効があるとされ昭和の初期頃まで盛況をみました。村人は勿論、旅人や岩井堂城の戦いで傷着いた武者が利用したと伝えられます。
 昭和53年に現センターの地下400mから44.5℃の自噴温泉(恵の湯)を掘削し、小野上村で村民憩の場として村営温泉センターを開設し、広く温泉愛好者に好評を得ていました。その後、規模の大きい施設が計画され、昭和55年に源泉西に新源泉を掘削。地下500mから50.4℃の温泉を毎分558L自噴させることに成功し「幸の湯」と命名。現在の新温泉センターができました。現在屋内にある岩風呂は当初は露天風呂でした。
 昭和62年12月に増改築。小浴場を泡風呂にし、岩風呂を屋内に入れ新たな露天風呂を作りました。平成7年7月には、サウナを設置しました。
 開業当時は、まだ近隣に日帰り温泉センターというものはなく、温泉といえば伊香保や草津・四万などの温泉地で味わうものでしたので、渋川近郊では画期的な娯楽施設だったんじゃないでしょうか。

011yakushi  温泉センターの前にある『湯前薬師』は、温泉の守り神として国道353号線沿いの旧塩川鉱泉裏に祀られていたものを、観光資源として生かすため平成9年に移設したものです。

012insen  湯前薬師の隣には『飲泉所』があります。
禁忌症:腎臓病、高血圧症、動脈硬化症、その他むくみのあるもの
適応症:慢性消化器病、慢性便秘 013insen  

用 法:源泉を2倍に希釈し食後30分ないし1時間後に飲用。直後にお茶、コーヒーなど飲まないこと。夕食後から就寝前の飲用はさけること
用 量:大人…300ml/1日以下
1回の摂取量は100mlを限度とする
 
022annai  ←《館内案内図》
大広間はカラオケがあってにぎやかですが、奥にある岩井堂の間は静かに休めます。 ↓《料金図》 
021ryoukin_2


071yukuti  こちらのスケッチはバロック調をイメージして造られた室内風呂の湧出口です。
泉質は、ナトリウム塩化物温泉(低張性、アルカリ性高温泉)。
 
 オープン以来26年間「幸の湯」を給湯し続けたこの湯口。建替え後も何らかの形で残してほしいものです。

099koujityu現センターの北側に新しい温泉センターを建て替え中。小野上温泉駅からも入館しやすくするために玄関は東向きになるようです。


●新しい温泉センター竣工後に取り壊されてしまう現在の温泉センター。みなさまの思い出などコメントいただけたら幸いです。

 温泉センター敷地内にある特産物直売所。
051tyokubaijo   052tennai
地元小野上産の野菜やきのこ、農産物加工品などがあります。
ひまわり工房のアップルパイは、ここでも販売しています。

 

101station小野上温泉駅。
JR東日本 吾妻泉の駅。
一面一線地上無人駅。券は自動販売機で購入。
平成14年3月14日開業。
渋川駅まで230円(片道)。

102_2   103_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

べーべ工房のチーズ

008
リコッタチーズ(べーべ工房)withゆずジャム(ひまわり工房)

 ベーベ工房は、渋川市北橘町八崎でチーズとヨーグルトを製造販売している酪農家です。土作り、飼料作りから製品製造まで一貫してハンドメイドなのです。
 そんな工房の主人が、10周年を機に日記(Blog)を綴っています。 → べーべ工房の牛とチーズの千夜一夜

 安全でおいしい製品を誠実に作ることを信条にしているこちらの製品は、食にこだわりをもっている人たちの間で人気があるようです。

003  品名:リコッタチーズ
 原料:生乳、ホエー
 容量:180g
 価格:600円
 

002  フタを開けたとたんにミルクの甘い香りが。ふわっとした食感ですがかみ締めるほどに味わいが増します。ほんのり甘くさっぱりとしています。ハチミツやジャムをかけて。ハーブを加えてパンに塗ってもGood!

 

005 品名:モッツァレラチーズ
 原料:生乳、食塩
 容量:130g
 価格:600円
 真空パッキングされています

006  みかんサイズのチーズ塊がホエーに浸されて封入されています。クニュっとした弾力と、甘みと軽い酸味が鼻腔を抜けていきます。
 トマトスライスを添えてオリーブオイルとバジルで味付ければカプレーゼに。ピザ生地に載せて焼けばマルゲリータに。

009_2  チーズそのものを味わおうと、スライスしてオリーブオイルと天然塩をかけました。ミルクのかすかな甘みと、心地よい歯ざわり。癖の無い味がちょっと渋めの赤ワインと良くあいます。 

091wine  今回は、同じ赤城山麓で育った葡萄でつくったワインを用意しました。
 『AKAGI WINE』 TSUKADA
 渋川市の西隣の中之条町、小野上温泉から1kmほどにある地ワイン醸造所(有)塚田農園で製造、販売
 HP → 塚田農園 100wine_2

  

  

  

 

 ベーベ工房のチーズが購入できるお店(群馬県内) 
クラシード若宮    9:00 - 24:00
  前橋市若宮町1-5-1 027-210-3777
  HP → クラシード若宮

食彩館マルシェ 10:00 - 22:00
  前橋市南町1-20  027-243-0578

【2008年5月から取り扱いが高崎店に変更】
  高崎市聖石町252-3 027-310-7878
  HP → マルシェ通信

スーパーTOMY  10:00 - 23:00
  高崎市双葉町12-13 027-323-2725
  HP → (有)富田屋商店 、 地図

 ひまわり工房のゆずジャムが購入できるお店 
■小野上特産物直売所 9:15 - 17:00
  小野上温泉敷地内
  HP → 群馬県HP 直売所 

■小野子特産物直売所 9:00 - 16:30
  道の駅おのこ敷地内
  HP → 群馬県HP 直売所

♪チーズもおいしいですが、ヨーグルトも旨いんです!
過去記事 → 2007年3月29日

2008年2月、モッツァレラチーズのパッケージが新しくなりました。親子で登場!010

| | コメント (3) | トラックバック (1)

チョウ類保全シンポジウム in 渋川

000
 日本チョウ類保全協会主催のチョウ類保全シンポジウム(第2回)が、渋川市民会館で開催されました。
 当シンポジウムは、チョウを通じて地域の自然環境について考え、自然に親しみ守ることについてチョウの生態の専門家と行政、そして地元の人々がともに考える場を提供することを目的としています。
 告知 → 協会HP Events

001  プログラムは、渋川市立南雲小学校の活動報告から始まりました。

  

  

002  特別講演 日高敏隆氏
 チョウ類の羽は、実は幼虫の時からあるんです。外殻の内側に隠れている事を5年をかけて確認したそうです。

  

003  特別講演 海野和男氏
 日本の国土開発とチョウの減少について映像を交えて解説。南米のチョウ類を様々なカメラで撮影。スロー撮影や虫の目レンズでの映像で多彩なチョウを堪能。
 こちらもどうぞ。 海野和男のデジタル昆虫記 

 午後の部は、ギフチョウやヒメギフチョウを守る活動を行っている団体(大阪府能勢、愛知県春日井市、渋川市赤城)の活動報告、群馬県自然環境課長の講演、群馬昆虫学会松村行栄氏の講演と続き、長野県でのチョウ保全取組事例紹介の後、パネルディスカッションで閉会となりました。

 チョウの保全活動を行っている人たちから、赤城山で行われているヒメギフチョウの保全活動(赤城姫を愛する集まりにより昭和62年4月発足)は、次の2つの点において評価されていました。
壱 まだ世の中で環境問題への関心が薄く行動しにくい頃から活動を始め現在まで続いていること。 
弐 本格的な保全活動を子どもたちやその親たちを含む地域の人たちとともに行っていること。子どもたちの参加も総合学習のためではなく、保全活動の一環となっていること。

 ただし、地元渋川市の会員が少ないことや会員数が減少傾向にあることから、会としての存続を心配する声もあるようです。

 この活動は、渋川市民が引き継いでいくべき『宝』だと改めて教えていただきました。やっぱり外部からの視点がないと『お宝』って見えにくいものなんだなーと思いました。

  このシンポジウムの第3回は、5月のGWに山形県鮭川村(公式HP)で開催予定です。

昨年の赤城姫の様子。→ 赤城姫舞う(2007年5月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第17回渋川バンドフェスティバル開催!

000top
第17回渋川バンドフェスティバルが渋川市民会館大ホールで開催されました。21団体が参加し、午前と午後の2部に分かれて順番に演奏していきました。 
001top2   002top3 003nagu  

 実行委員会会長の南雲氏あいさつ
 「演奏団体の相互交流が目的。演奏する楽しさ、音楽を聴く楽しさを味わって欲しい。これはフェスティバル、お祭りですので演奏の技術や上手い下手ということでなく、演奏者と聴衆が一緒になって音楽そのものを楽しんでいただきたい。」

 参加バンドのいくつかを紹介します。
011sibutyu

 渋川中学校吹奏楽部
 1.Music from the incredibles
 2.Mission Inpossible

 

012toyosyo  豊秋小学校吹奏楽クラブ
 1.おしりかじり虫
 2.Pirates of Caribian ~World end


 

013hurusyo  古巻小学校吹奏楽部 
 1.風林火山
 2.アラジンメドレー

  

  

014kanatyu_2   015ultra_2
金島中学校吹奏楽部 1.吹奏楽のための民話 2.Japanese Graffiti Ⅷ~ウルトラ大行進!~  ウルトラマンの主題歌をメドレーで。懐かしかった~。

016kitatyu_2   017swing_2
渋川北中学校吹奏楽部 1.喜歌劇「ロシアの皇太子」セレクション 2.Climax Jump  バツグンのSWING感でした。

018_2 渋川高等学校吹奏楽部
 1.蘇る火の鳥
 2.アーセナル
 3.ゲバゲバ90分

 

019        告   知 
 第25回定期演奏会6月15日(日)
 13:30開場  14:00開演
 渋川市民会館大ホール
 入場無料
 
 第一部 クラシック
 第二部 ドラゴンクエスト序曲
 第三部 スーパーポップス2008

  

 第1回から出演している、渋川市民吹奏楽団の T氏 から、当フェスティバルの歴史について教えていただきました。
200_2   201_3
 渋川バンドフェスティバルは、平成4年3月8日に第1回が行われました。 その時は、『つどえ!バンドの仲間たち 渋川吹奏楽フェスティバル』と銘打って開催しました。
参加団体は、金島小学校、古巻小学校、渋川中学校、渋川北中学校、渋川市民吹奏楽団の5団体。会場は中央公民館4階講堂。合同演奏は、「おどるポンポコリン」(BBクイーンズ)でした。
 第2回は、平成4年12月6日に渋川市民会館大ホールで開催。 参加団体は10になりました。この時から名称が 『渋川バンドフェスティバル』 となりました。 以降毎回12から14団体の参加がありました。
 このフェスティバルの醍醐味は、プログラムの最後に行う 『合同演奏』 でした。 14の参加団体がみんなで行う演奏は、迫力満点でした。 しかし、参加団体が18に増加した市町村合併後の第16回からなくなってしまいました。

300

 ←今年の渋川市民吹奏楽団
 1.アマデウスに浮かれる!
   ~モーツァルト・メドレー~
   今年の大トリを務めました。

 
 「合同演奏はパートごとに集まるので、年に一度しか会わない人たちの成長ぶりがみられて楽しみだったのに…」という声も。
 以前に見に来た人からも「会場一杯に陣取って演奏される最後の合同演奏は、圧巻だよ~。」と言われました。
 このフェスティバルの最大の見所は演奏者にとっても観客にとっても 『合同演奏』 だったようです。

 一度に全団体でというのが無理ならば、午前・午後の各部ごとに部の終わりに実施という形で、合同演奏が復活することを期待しています。

 最後の合同演奏の模様がこちらにあります。 → ふるさと あかぎ

◆お昼は近くの食事処 『とんかつ屋九兵衛』 でいただきました。
↓(2/2記事)
にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんかつ屋 九兵衛

100holl  渋川市民会館の周囲には、回転すし、蕎麦屋、和食店、ハンバーグ店、等々飲食店があります。
 市民会館で催し物がある時に、調査団員がよく利用している高カロリーでリーズナブルなお店を紹介します。

  000tenpo

 とんかつ屋 九兵衛
 ■住所 渋川市渋川2798-1
 ■営業 11:00-15:00
       18:00-21:30
 ■定休 水曜日定休
 ■電話 0120-02-6199

 ◆ひれかつ定食 1,050円   真ん中がほんのりピンク色!001hire_2   002katsu
 赤だしと御新香も美味です。   柔らかくてじゅぅしぃなお肉。

 各種かつ、ソテー、ハンバーグ、海鮮フライの定食が630円~。
ライス、キャベツはおかわりができます。渋川市民会館の南隣。

 

 渋川市民会館の北側にあるハンバーグ店バァニーズダイナー。こちらも、お奨めです。
こちらのブログで詳しくレポートしています。 → のぶログ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »