« 桜さく -2008- | トップページ | 桜さく -2008・Ⅲ- »

桜さく -2008・Ⅱ-

 桜前線は西へと進み、小野上地区でも満開を迎えました。

021  国道353号を西へと進み、新幹線の橋の下をくぐるとすぐに現れる「道の駅おのこ」の標識。その向こうの丘に見えるは、長元元年(1028年)創立と伝わる 滝岡山普門院 眞龍寺 のものです。

 3,000有余の坊を備え荘厳なる大寺であった船尾山水沢寺が、1028年に千葉介胤正によって攻められ壊滅させられた時に、僧徒であった慈海律師が11面観世音像を背負い逃れて、ここに草庵を建て開山したのが始まりです。その後、渋川の真光寺の末派に属しています。

022  023  
024  025  
026

  ここにあった五大尊像は上毛に比類なき霊像であったそうです。
 残念ながら、明治7年類焼の災により古仏の古史、古文書、宝物一切を焼失してしまいました。(以上小野上村誌より)

 周りには桜が植えられ、裏の駐車場からは、榛名山を望めます。 

027parking

小野上駅前の桜並木も満開です。
000onogamist  
001onogami02  002up

小野上温泉公園も満開!
011onsen01  
012onsen02  013  
014tennis

 4月12日撮影ですが、この日は県内外の中学校親善ソフトテニス大会『小野上温泉杯』が開催されていました。

  

 標高の高い渋川総合公園の桜は、も少し先です。
031sogo  032tsubomi

|

« 桜さく -2008- | トップページ | 桜さく -2008・Ⅲ- »

「花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50026/20208113

この記事へのトラックバック一覧です: 桜さく -2008・Ⅱ-:

« 桜さく -2008- | トップページ | 桜さく -2008・Ⅲ- »