« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

伊香保のつつじ ライトアップ

伊香保温泉街にあるまちの駅からロープウェイで登る上ノ山公園は、6月8日(日)まで19:00-22:00の間ライトアップされます。
001light  
002  004  003tutuji_2

 つつじの間を抜け、頂上にある展望デッキへ。
 温泉街や渋川市内の夜景が眼下に。

  

011yakei

◆伊香保ロープウェイ → 伊香保温泉旅館協同組合HP
 【運行時間】
  ・上り最終-21:30  ・下り最終-22:00
 【往復料金】
  ・600円 (通常800円)

   まちの駅 & ロープウェイ『不如帰駅』 
021station  022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊香保のつつじ その弐

伊香保ロープウェイで行く物聞山山頂。そこにある展望台『トキメキデッキ』周囲のつつじも見頃を迎えました。 昨年も同じ時期でした。 → 2007年5月24日記事
031  021tembo

 022  

 スケートセンターを含む
 物聞山山頂一帯は、
 『上ノ山公園』(うえのやま
 こうえん)となっています。

  

011uenoyama  012

上ノ山公園は、6月8日(日)まで19:00-22:00
 の間ライトアップされます。
 また、ロープウェーの運行時間も延長されます。
 ・上り最終-21:30  ・下り最終-22:00 
渋川市HP → 上ノ山公園

高根展望台から見た『長峰公園のつつじ』 -満開です- 
000tsutsuji  002tenbo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤城の滝①(トマの滝)

赤城の大沼から流れる出る沼尾川やその周りの沢に、大小あわせて十もの滝があります。順次紹介していきます。(参考:赤城山 花と渓谷、青木清著)

トマの滝
00toma  02

 01foll

 落差6mほどの崖を滑るように流れ落ちています。

 

  

鈴ヶ岳の北側を流れる沼尾川に架かる「まふじはし」から見えます。
051

 052_2  
 map
 053map  

  

【赤城山 花と渓谷】1997年10月上毛新聞社発行
 ・副題:沢あるき滝めぐり30選
 ・ISBN-10: 4880586714 ISBN-13: 978-4880586717
 ・著者が15年かけて道なき山奥へ分け入り、沢や谷間や
 尾根に入り静寂な自然を記録した本です。著者は、この本
 が赤城山の魅力の再発見につながれば、との思いで出版
 されました。

※滝の音、しぶき、沢の音、小鳥のさえずり、葉擦れの音、森の香り、etc…。ここ赤城山では、たくさん自然を感じることができます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊香保の躑躅(つつじ)

伊香保温泉でも、つつじの見頃を迎えました。
001tutuji
002  003

伊香保温泉を越えてすぐの斜面にある『長峰自然公園』。
まだまだ八部咲き。今度の週末ころ満開となりそうです。
004  005  
標高834mにあるこの公園からは、晴れた日には 赤城山の長い裾野 と 渋川市の様子が一望できます。 → 昨年の様子 

新しく、展望デッキ『長峰展望台』が設置されました。車椅子でも行けるようになっています。左下写真がデッキからの眺め。
011  
012  013

 つつじだけでなく、足元にはすみれも…。 
021  022  023

 こちらは、? の花。

 ↓まだ八重桜は淡い花をつけています。

  

024  099

| | コメント (4) | トラックバック (1)

小野子山

000 
△小野子山山頂より望む谷川連峰

▽小野子山では、ツツジが見頃を迎えています。 
001tsu2ji  002tsutsuji

渋川市の北西に位置する標高1,208mの第4紀火山です。

011start  小野子山登山道入口。

 階段を左へ登って行きます。

 明るい樹林の中を歩いて行くと…

  

012  登山道脇にツツジが綺麗に咲いています。

 カッコウやヒバリの鳴き声がこだましています。

  

013  目指す山。右が「雨乞い山」その奥が「小野子山」 

 こんな感じでなだらかな土の道がずっと続きます。

  

   南を望むと「榛名山」   西を望めば「浅間山」 
014  015asama_2  016

 「雨乞い山山頂」ここまで50分。

 小野子山山頂までには、もう4尾根越えます。

  

この先もこんな道が続きます。 ここから上のツツジはまだ蕾。 
021  022
 雨乞い山から3つ目の尾根の登り口。 ここを登って振り返ると関東平野が望めます。023

024 
025

雨乞い山から50分、最後の登りです。

031 032  
033


 

  

  

「小野子山」登頂。 先客がいらっしゃいました。034_2

【北側】大峰山の向こうにそびえる谷川連邦。
041  042
【南側】吾妻川と利根川が導く関東平野 
050  051  
【西側】小野上、吾妻の里の向こうに浮かぶ浅間山 
061  062  
【東側】子持山とかすむ赤城山 
071  

登山の道中で見つけた春の息吹たち。
101  102
103  105

おまけの景色 
Panorama  
091    092

◆下山後は、小野上温泉(公式HPはこちら )で汗を流して疲れた体を癒しました。
 温泉の様子 → 2008年2月24日記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊香保軌道線 ~番外編

 1956年(昭和31年)まで、高崎駅前と前橋駅前から出発し渋川新町を経由して伊香保まで走っていたトラム(路面電車)。50余年を経た今、写真で当時の情景を偲ぶことができます。
Top  
001  002 
「上州を走ったトラム 伊香保電車 田部井康修写真集」 
2008年3月25日 東武博物館 編集・発行 

こちらで販売しています。 → 東武博物館
【 1,000部限定  2,000円 】

伊香保軌道線の詳細 → I love Switch Back  
              → 群馬の廃線鉄道 
              → パノラマで見る駅  
写真集の解説 → 鉄道ホビダス 
産経ニュース記事 → 2008年5月2日記事

※伊香保軌道線の軌跡(写真集より抜粋)
1893年(明治26) 群馬馬車鉄道「高崎駅前~長塚町」間開通。
1894年(明治27) 上毛馬車鉄道「前橋駅前~渋川新町」間開通。
1910年(明治43) 9月に高崎線電化。
             10月に前橋線電化。
             10月 伊香保電気軌道「渋川新町~伊香保」間開通。
1917年(大正 6 ) 「高崎駅前~渋川新町」間延線。
1953年(昭和28) 高崎線廃止
1954年(昭和29) 前橋線廃止
1956年(昭和31) 伊香保線廃止。
※旅客バスや路線バスの整備が整ったことが終焉を迎えた理由のようです。

 東武博物館では、5月25日まで田部井康修写真展を開催しているので行ってきました。1階一番奥にあります。
012  
011  021  
022  013

JR上野駅-地下鉄銀座線「浅草」-東武伊勢崎線「東向島」下車。  改札を出て右の道をUターンしてすぐです。
031  032  

館内には、かつて東武鉄道で現役だった機関車、列車、バスが展示されています。また、たくさんのシュミレータがあり一日楽しく過ごせます。
041  053
051  052
・  10:00~16:00 月曜日休館
・  大人200円/小人(中学生まで)100円 
・ 食堂は無いが、食事ができる休憩所があります。みなさん自家製お弁当や駅近くにあるMacやパック寿司を買って持ち込んで食べていました。

  

おまけ○浅草オリオン通りで見つけた「ぐんまの店」

082  083

グッドぐんま…!? 見覚えのある店名です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »