« 満開!菜の花 | トップページ | 小野子山 »

伊香保軌道線 ~番外編

 1956年(昭和31年)まで、高崎駅前と前橋駅前から出発し渋川新町を経由して伊香保まで走っていたトラム(路面電車)。50余年を経た今、写真で当時の情景を偲ぶことができます。
Top  
001  002 
「上州を走ったトラム 伊香保電車 田部井康修写真集」 
2008年3月25日 東武博物館 編集・発行 

こちらで販売しています。 → 東武博物館
【 1,000部限定  2,000円 】

伊香保軌道線の詳細 → I love Switch Back  
              → 群馬の廃線鉄道 
              → パノラマで見る駅  
写真集の解説 → 鉄道ホビダス 
産経ニュース記事 → 2008年5月2日記事

※伊香保軌道線の軌跡(写真集より抜粋)
1893年(明治26) 群馬馬車鉄道「高崎駅前~長塚町」間開通。
1894年(明治27) 上毛馬車鉄道「前橋駅前~渋川新町」間開通。
1910年(明治43) 9月に高崎線電化。
             10月に前橋線電化。
             10月 伊香保電気軌道「渋川新町~伊香保」間開通。
1917年(大正 6 ) 「高崎駅前~渋川新町」間延線。
1953年(昭和28) 高崎線廃止
1954年(昭和29) 前橋線廃止
1956年(昭和31) 伊香保線廃止。
※旅客バスや路線バスの整備が整ったことが終焉を迎えた理由のようです。

 東武博物館では、5月25日まで田部井康修写真展を開催しているので行ってきました。1階一番奥にあります。
012  
011  021  
022  013

JR上野駅-地下鉄銀座線「浅草」-東武伊勢崎線「東向島」下車。  改札を出て右の道をUターンしてすぐです。
031  032  

館内には、かつて東武鉄道で現役だった機関車、列車、バスが展示されています。また、たくさんのシュミレータがあり一日楽しく過ごせます。
041  053
051  052
・  10:00~16:00 月曜日休館
・  大人200円/小人(中学生まで)100円 
・ 食堂は無いが、食事ができる休憩所があります。みなさん自家製お弁当や駅近くにあるMacやパック寿司を買って持ち込んで食べていました。

  

おまけ○浅草オリオン通りで見つけた「ぐんまの店」

082  083

グッドぐんま…!? 見覚えのある店名です

|

« 満開!菜の花 | トップページ | 小野子山 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

県立歴史博物館でやって欲しい展示ですね。
私もこの電車が走っている頃には生まれていませんでしたが、写真集に高崎駅舎の写真もあったので、欲しくなりました。

JA全農ぐんまの「グッドぐんまの旬の市」。東京での焼きまんじゅうの評判が気になります(^^)

投稿: こにタン | 2008年5月 5日 (月) 10時41分

こにタンさん、こんにちは。
(高崎線)では29点の写真で高崎駅-渋川新町間を紹介しています。高崎駅舎があるものは複数点あります。他にも駅前通り・あら町通り・連雀通りなど昭和28年頃の高崎市街の様子が垣間見えます。
(前橋線)では17点の写真で前橋駅前-渋川駅前を紹介しています。こちらはのどかな風景が多いです。
 調査団では、トラム写真というよりも昭和20年代後半の時代の空気を感じる資料として購入しました。当時の渋川市の様子もたくさん写っています。
 通信販売なら3冊まで送料500円です。共同購入すれば負担が少なくなりますよ~。

 「グッドぐんまの旬の市」は1泊7,500円で宿泊もできる模様。東京出張時には一度お試し下さい。

投稿: お宝調査団長 | 2008年5月 5日 (月) 15時21分

渋川市出身で現在向島に住んでいます。電車の中吊りでこの写真展を知って、5月18日見てきました。私は電車の廃止された年に生まれましたので、走っている姿はもちろん見たことはありません。でも、すっごくなつかしく感じて写真集を購入、その日のうちに渋川の実家へ送りました。鉄道マニアでもない私ですが、この鉄道の写真はとても記念に残ると思います。渋川でもこの写真展を開催してほしいです。

投稿: 小野沢 香 | 2008年5月19日 (月) 14時24分

小野沢さま
 はじめまして、こんばんは。コメントありがとうございます。私もまだ生まれていない頃の写真ですが、この写真に写っている渋川市の風景は、なぜか懐かしく感じられます。不思議なものですね。
 写真に写る街並みは今はないけれど、榛名山や赤城山は変わらず今も聳えています。そして渋川駅舎も。
 

投稿: お宝調査団長 | 2008年5月20日 (火) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊香保軌道線 ~番外編:

« 満開!菜の花 | トップページ | 小野子山 »