« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

小野上の滝

000  
滝の正面には東屋があり、清涼な空気に包まれたこの空間をゆったり堪能できます。
001  002

007  下流には山葵田が広がっていま
す。山葵田を横目に比較的ゆるや
かな沢を溯上すること3分。
 東屋が見えてきます。

  

005  006  
鑷沢の西、村上地区にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潜上の滝/潜上の小滝(赤城の滝⑤、⑥)

05_2  
潜上の滝 : 高さ6m、幅8mほどあります。

これまでの滝よりも下流にあるため、別の道から行きます。沼尾川左岸の道をずっと直進します。
Root01  Root02
左側の未舗装の山道へ。  徒歩で30分ほどで久嶋橋に。
Root03  Map  
橋を渡った次のカーブから杉林の斜面を降りて行きます。川まででたら右岸を溯上します。

60分ほどで、高さ3mほどの小滝が現れます。 
01  02 Photo

 この滝の右岸の斜面を登っていきます。登りきると両岸は切り立った岩場のため、岩を選んで足を載せて行きます。

 左は来た道を振り返って撮った写真です。川が見えなくなったところが滝です。

 左下はこの先。奥にあるのが潜上の滝です。ここからは、川の両岸を渡り足場を探して進みます。

  

01_2  02_2 07 11  12  map
Map_2 (2007年11月3日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズランの滝/蛇腹岩の滝(赤城の滝④、⑤)

赤城山中にある、沼尾川最大の滝 『スズランの滝000  
落差15m以上の2段の滝です。滝の広がり具合がスズランの花に似ていることから名づけられました。落差水量ともに沼尾川流域最大の滝です。

001root1  002root2  
ここを右に入り登山道へ。  分岐は真っ直ぐに大沼方面へ。
003root3  003mark
やがて木橋が現れます。袂には『関東ふれあいの道』の目印。 
004root4_2  005root5  
ここからは道を外れ、沼尾川の左岸を川伝いに遡行します。

006jabara 左岸が崖となるので右岸に渡って遡行します。まもなく幅3m高さ10mほどの蛇腹岩が現れ、谷が左へと曲がって行きます。(写真右端が蛇腹岩)


007falls

 上の写真の左側の大石をよじ登ると、落差5m、幅8mほどの滝が現れます。これを『蛇腹岩の滝』と呼んでいます。

008  

  

010_2スズランの滝』は、この上流にあります。滝から少し下ってこの左側の崖を越えていきます。
 登った先は崖の上で、また同じ様な斜面を下りて行きます。

011  012  
奥に見えるのが『スズランの滝』です。

023  021  
 022  
  (2007年10月7日撮影)

 撮影しながらですが、木橋から約60分。帰りは30分でした。
031map

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »