View Point

子持の眠り姫

黒井峯遺跡から望む小野子山(左)と子持山(右)。
100

「女性が仰向けに横たわっている姿」に見えるということは、旧子持村で周知のことでした。が、「子持神社に近づくにつれ身妊る姿が現れる」という記事を読み(かみつけの国 本のテーマ館 → HPはこちら )確認に行ってきました。

001  黒井峯遺跡から撮影

 右側を頭に横臥している女性の姿。分かるでしょうか?

  

002  子持神社入口鳥居手前の松並木から

 胸の位置が下がり、お腹の辺りが膨らんでるように見えます。

  

004  子持神社入口鳥居の先から

 鳥居から50mくらいの姿です。手前の山裾が邪魔をして、この辺りが限界です。

  

 子持山/子持神社の由来は、『神道集』の「巻六第三十四 上野国児持山之事」によると、
 40代の帝、天武天皇の頃、伊勢国阿野ノ津の地頭の子として生まれた児持御前(こもちごぜん)の夫、加若和利(かわかのわり)は、美しい児持御前に横恋慕した伊勢国司によって、下野国室の八嶋(むろのやしま・現栃木市内)に流されてしまいます。身重の児持御前は夫の跡を慕い遠く東(あづま)の国へ旅に出ます。途中、尾張国熱田神宮の辺りで出産。その後、信濃国諏訪神と下野国宇都宮明神の援助により夫を救い出し、再び結ばれてこの地の神『児持明神』となりました。 (子持村誌上巻より)

 子持神社について詳しいHP → 神社探訪

 かみつけの国さんの呼びかけに乗り、当探偵団でも『赤城姫』に続き、『子持の眠り姫』をアピールしていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄金色の丘

渋川市行幸田にある南原土地改良区の麦&そば畑では、小麦が黄金色に輝いています。
000miyukida  
002  003

この丘の下では、春の花たちが…。
011

 012
 013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年・初日の出

渋川温泉きらめきの湯スカイテルメ から、初日の出を望みました。

002_2

橘山の東側から午前7:00頃。

003  

011  20数名の方々が撮影に望んでいました。雲に覆われることなく、見事な初日の出の撮影に成功!みなさん満足しておりました。

 撮影終了後、新年初入湯。けっこう混雑していました。北側展望ロビーからは渋川市を囲む山々が鮮明に見渡せます。

021  022

   榛名山          小野子山と子持山

001

元日は、朝5時から夕方6時まで営業しています。

他にも、北橘温泉ばんどうの湯 で元日朝6時から

敷島温泉ユートピア赤城 と 赤城の湯ふれあいの家 では元日午前0時から

営業しています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

小麦の海 -南原土地改良区-

 9月下旬に『蕎麦の花』で白く染まる行幸田南原土地改良区。この時期は、黄金色に染まっていて、風になびく麦穂はまるで金色の海のさざ波のようです。

000top_29

001mugi 関東平野を望む 
 麦畑の向こうに県庁が見えます。
 上空ではヒバリが元気よく歌っています。

  

 赤城山をバックに~

011akagi_1   012_4 013_2   014

 榛名山を背景に~

021haruna   022_1 023_1   024_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

棚田 -小野上地区-

 棚田は、渋川市内でも沢や湧き水など水に恵まれている小野上地区や赤城地区の山あいで見られます。

000top_28

001flogs  田の周りが囲まれているため、蛙の合唱がよ~く響きます。♪カエル

 6月2日撮影。田植えはこれからのようです。

 のどかで、ゆったりとした所です。ずっと変わらずにあってほしい風景です。

003gods  004flow  005sato  006tanada

 上の田の一部で、渋川市金井の学童クラブ『むくろじ』の児童たちが、田植えから収穫までを体験します。本日6月10日が田植えの予定日でした。あいにくの雨でしたが、調査団員が訪れた時には苗が植えてありました。

007mukuroji  008oneweek

  足元に緑(アマガエル)  頭上に白(ヤマボウシ

009green  010white

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つつじが丘展望台

 県立伊香保森林公園のさらに奥にある 『つつじが丘展望台』 からは、市内の山々の雄姿がたっぷりとご覧いただけます。

000top_26

001root 伊香保森林公園の管理棟を通り過ぎると、道が二手に分かれます。
 左へ行くとスケートセンターへ。
 右へ行くと展望台へ。 

  

 5月20日(日)の展望台からの眺め。この日は、とっても空気が澄んでいて山がハッキリ・クッキリ見えました!

011akagi 012komochi 013shishi 014onoko 

  

021

こちらは、6月2日(土)撮影。
 まだまだ躑躅も見られます。

  

  

 眼前に迫る山々を一望。西から順に。
十二ヶ岳・中岳・小野子山      子持山 

031  032

利根川・吾妻川合流地点       赤城山

033  034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊香保長峰公園

 伊香保温泉街から榛名山へ向かう途中にある長峰公園は、総面積5ヘクタールの敷地に約1万株のヤマツツジがあります。入口付近には梅や桜もあり眺望とともに花も楽しめます。

000top_17

001park_1 002park_1

003kanban_2 ツツジの開花情報は群馬県観光国際協会で確認できます。

  

 公園から市内を見下ろすと…

004view_1 005view_1

 桜はようやく咲き始めたところです。

011sakura 012sakura_1

013up 014up

 遠く上越の山々もかすかに

999tanigawa

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夜景01

 あの刀川小へとつづく階段の上の道からは、榛名東麓に広がる明かりが一望できます。

Top_3

002_13  日没直後。

 まだ明かりもまばらです。

 手前は樽いちご園のハウスです。

  

001_10

 榛名山の上に雲があるため、夜の帳が降りきった写真は稜線がなくなってしまいました。

 このポイントからの夜景は、こちら の ふるさと赤城 さんの写真が綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高根展望台 -伊香保-

 伊香保温泉から榛名湖へと続く曲がりくねった山道。坂を登りきる最後のカーブの所にある、高根展望台。
 最近整備され綺麗な木のデッキが誕生しました。

000takane

 晴れた日には、雪化粧した上信越の山々が青空にくっきりと浮かび上がり壮観です。

001kusatsu  志賀高原から谷川岳まで見えます。手前は、小野子山。

 ウッドデッキが映えます。

  

002tanigawa  谷川岳をバックに記念撮影。

 タクシーの運転手さんにも絶好の撮影(サービス)スポットです。

  

  

003deck 004ikaho

  

  

  

  

正面には、赤城山。眼下には伊香保温泉街が見えます。

005road 006sign

  

  

  

  

晴れ渡った日もいいけれど、空にポッカリと雲が浮かんでいる様もまた乙なものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岩井堂ViewPoint

 小野上地区の景勝地 『岩井堂』。 その大きな岩山は、新緑の頃と紅葉の頃は見ごたえがあります。 今はこんな感じ。

000iwaidoh_1

 この岩山を綺麗に撮影できるポイントは、吾妻川の対岸にある東運動公園になります。ここは、渋川市ではなく東吾妻町(2006年3月誕生)なのですが。

000point  上記写真は、この石の長椅子から撮影しました。運動公園に隣接する あづま温泉桔梗館 の露天風呂からは、岩井堂を借景にした風情のある風景が眺められます。

map001sign 002sign   

  

  

  

  

運動公園の西側にあるあづま親水公園。 ここからは、こんな岩井堂が。

010rouby 011rex

 蝋 梅

  と

 恐 竜

  

 あづま親水公園から吾妻川沿いを上流に歩いていけます。

松林の並木を抜けていく途中の対岸には、川に削られた岩が見えます。自然の力ってスゴイ!っていうのが実感できます。

004matubara 005rock

  

  

  

  

 暫くすると、弁天岩公園に到着します。ここにはかつて沢山の甌穴があり、その中で賭博をしていたため博打穴と呼ばれていたそうです。

008ohketsu 009ohketsu02

  

007kohbai  傍らにある紅梅は三分咲きで、甘~い好い香りが漂っていました(2月12日撮影)。

  

  

 弁天岩公園の南側の畑には、天明の大噴火により浅間山から吹き揚げられた火山瑠が祀られています(高さは3~4mほど)。

022rock 021rock

031view  ここからは、岩櫃山、草津白根山が見えます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)